Add to Google My Yahoo!に追加

※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年09月29日

ベイビーシャワーのケーキの靴

DSC02468-1.JPGダンナの職場の誰か、妊婦さんのベイビーシャワーで、みんながケーキを食べたということで、残りをダンナが私に持って帰ってきてくれました☆

なんて、ロマンチックで可愛い靴!!!

この靴は、二人で1個ずつ食べようと、皿に切り分けて、いざ、口に入れると、噛み切れないどころか、変なゴムの味!!!

ゲ===ッ。お菓子の靴じゃなかったのかあ〜〜!!
ダンナも、かじってしまって、食べられず、してやられた!という感じでした;lll


せっかく食べようと思ったが、食べられなかったが、カワイイので、靴は洗って、パソコンのモニターの脇に飾ってあります☆
   
※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 16:00 | マイアミ ☀ | Comment(0) | アメリカで妊娠
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年09月28日

妊娠中、自分で、2つの心拍を感じる方法を発見♪

聴診器は要りません。

それは、リラックスして仰向けに横になり、左手のひらを、自分の心臓に当て、音を確認します。
右手の親指の先と、人差し指の先をくっつけ、左手の鼓動に、意識を集中します。

そうすると、右手の指先が脈打っているのを感じるんですが、それが、自分の心臓のペースではないのです!
自分の鼓動より、速い!!!

(ただし、右手に意識を集中したとたん、すべてがかき消されて何も感じられなくなるので、意識は常に、左手の下の自分の心臓の音に集中してください。)

もしかして、それが赤ちゃんのかな!?と思っています☆
妊娠するまでは、そんなことなかったので、おそらくそうだと思っています:)

妊婦の方はトライしてみてください。
そして、もし、確認に成功したら、初めての方でもコメントでご報告くださったら嬉しいです♪


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 09:23 | マイアミ ☀ | Comment(2) | アメリカで妊娠
※ 写真はクリックすると拡大します☆

病院の聴診器をゲット!!

DSC02482-1.JPGダンナが、一緒に仕事をしている眼のお医者さんから、聴診器をひとつ、拝借してきました。
なんでも、5週以降の赤ちゃんは、もう、心拍をはじめているということで、多少、出血があっても、心拍さえ確認できれば、全く問題ないんだって☆

でも、まだ、小さすぎて、よく聞こえませんでした;;(   

ちなみに今の状況は、やはり無理をすると、軽い褐色かオレンジ、ピンクの出血があって、泥のように、朝も昼も夜も寝て、しばらくすると、また止まるという感じです☆

おなかは、大きくなっているのか、うつ伏せに寝ると痛いので、もそもそ横向けで寝ています。
が、横向けになっても、寝返りを打つたび、体に付いている、小さな樽のようなものが、ゴロッと、転がるのが分かります。
     


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 09:17 | マイアミ ☀ | Comment(2) | アメリカで妊娠
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年09月27日

ベイビーは味噌汁がお好き☆

DSC02476-2.JPG妊娠して以来、お味噌汁が食べたくなるようになりました。
食べ物の好みが変わるとは、まさにコレです!!!!!

私、日本にいたとき、昔から、味噌汁を食べる習慣があまりなかったんです。

最後に味噌汁を食べたのは、8年くらい前、入院していたときに、病院で出されたのかな?
(味噌ラーメンは好きでよく食べに行っていましたが、、、)

実家でも、夜とか、普通の家のように、いわゆるご飯に味噌汁っていう風景をほとんど見なかったので、味噌汁っていうと、どこかしら、病人食というか、具合が悪い人の食べ物だというイメージがあります。

そして、そのせいか、妊娠以来、(最近、ずっと熱っぽくて病気っぽいせいか??)アジアンスーパーまでわざわざ味噌を買いに行って、作るようになりました。

もしかしたら、ベイビーが味噌が好きで、食べたがっているのかもしれません!?

私自身は、もともと、お豆腐も嫌いで、なんだかカロリーが少なすぎて、スタミナや栄養が足りない気がして、ほとんど食べたことなかったんですが、大学卒業後、会社に入ってから、周りに食べろ、食べろといわれ、会社で出されて、ほかに食べるものが何もなかったから、なんです★

会社は、国家公務員でしたので、超、なにもかもが、メチャクチャ日本的。

その前は、外資系で、ちょっと働きましたが、やりたい放題、好き放題で、最高でした☆
食事も丸の内のホテルで食べてたし、おやつも、フランス製とか、外国の輸入物のクリームとか、私が好きなものばかり!


でも、日本の公務員の世界は、お昼といえば、安物の仕出し弁当か、サラリーマン用のレストランしかなく、仕事にもどこにも英語の”え”の字もない。

今まで、英語に何かしら接していた私は、こんな世界があったのかー!日本語だけで生活している人がいたのかー!と、信じられませんでした。

洋画や洋楽を好きな人もいなく、全く溶け込めず、絶望的でした。
(あれが、外務省なら、またちょっと違っていたのかもしれません;)

おせんべいも、これまで食べたこともなかったのに、職場には、常備してあるお菓子が、そんなのしかなくて、それを食べるしか、仕方ありませんでしたlll 
(実家でも、自らせんべいを買う習慣がなく、お歳暮とかで、もらい物の播磨煎餅とか、京都のほうのお煎餅を、年に1回ちょっと口にするくらい)

私は、何よりも、チョコレートが一番大好きなんだけどー。

あと、公務員の世界は、お土産も、まんじゅうとか出されるし、和菓子食えねーーlll

茶道で使うような高級和菓子は、まだマシだし、茶道のお稽古中、残せないので、イヤでも飲み込まなければなりませんでしたが;;;( 

でも、今では、お豆腐は大好きになりました:)

[話を戻します。。。]

昔、学校で、味噌汁の調理実習のとき、先生が、『江戸時代とかの先人は、昔は’だしの素’とかなかったので、だしをとるのに、にぼしを入れていて、カルシウム補給にもなった』と、話をしていたことも思い出し、にぼしも購入。

魚の全身を見るのが苦手なダンナ(←彼の母親にそう教育されてたらしい)は、にぼしに頭と目が付いていたので、キャーキャー大騒ぎして、買うなと言っていましたが;;;

で、そのにぼしを、なんとかして味噌汁に入れてやろうと、ダンナが会社にいる間に、こっそりミルにかけて粉々に粉砕。
そうすれば、ダンナも気づかずに食べるかな、と。。。


で、前回、2週間くらい前、たまねぎ1個、お豆腐1丁、油揚げ3枚(←油揚げが私は大好物☆きつねうどんとか、たまりません!!)、わかめ、にぼしを手の平に山盛り2〜3杯、のお味噌汁を作ったのですが、にぼしのせいで、とても変な味の味噌汁になってしていました。

煮出しすぎたのか、とても変な味になって、私自身、とても食べられる代物ではなく、ヤバかったけど、でも、大量に作ったのに、また作り直すのも面倒だし、それに、にぼし自体は、もう粉状で、ハッキリ見えないから、まあダンナが何と言うか、様子を見ようと、何食わぬ顔で、テーブルに出すと、、、

ダンナも変な味がすると思った様子ですが、とりあえず、何も言わず、最初は、黙々と食べていました(ダンナは、味噌汁がもともと大好きで、日本にいたとき、会社で出される味噌汁を好んで食べていたようです。)。

でも、突然、「変な味がすると思っていたら、その理由が分かった!」と、わざわざ立ち上がって叫び、「コレだ!」といって、粉砕しきれてなかったにぼしの頭部を、器から取り出して、私に見せ、「にぼしが入ってない、美味しい味噌汁が食べたい」と言いました。
これには、私もズズズーーーッ、、、
バレてしまった。。。

本当に、先人は、にぼしをだしに使っていたのでしょうか?
すっごい変な味なんですよ。
こんなん誰も食べれないんじゃ!?

アジアンスーパーのにぼしだからかな???
でも、日本製のはずなんだけどな、古かったのかな?
(たしかに、袋に、賞味期限の記載はありませんでしたlll)

もちろん、量加減が分からなくて、すっごい大量に入れすぎてしまったのもあるんですが;(

なので、今回は、にぼし抜きでつくりました。

そうすると、やはりとても美味しくなって、ダンナは毎日食べたいほど、気に入っているようです。
(私は、毎日は食べられないんだけど。。。)


あ〜あ、でも、せっかく、魚まるごと、カルシウムやDHAが摂れて、ベイビーにいいと思ったのにlll

でも、ベイビーのため、にぼしにこだわっていた私は、ダンナに隠れて、再度しつこく、挑戦。

今度は、器に味噌汁を盛ってから、食べる直前に、少量だけ(今度は、2つまみくらい)、にぼしを混ぜてみました。
そうすると、食べるときに、まだにぼしの香ばしさや、硬さが残っていて、別に、味噌汁も変な味になりませんでした!!!

ヨシ♪ 今度から、コレで行こう!

鉄分補給に、お味噌汁に、ほうれん草を別に茹でたのも、加えてみました。
大根おろしとしょうゆで仕上げた和風ステーキも一緒に♪

ダンナは、この肉汁と、しょうゆと、大根おろしの、ミクスしたのが、ご飯と合わせると美味しいのがわかって、すごく気にいったらしく、パクパク食べていました:)

(今日のご飯は、玄米半に白米半です。大麦や、五穀をいま切らしていて、ちょっと繊維や栄養不足を感じます;;)

ちょっと体調が良かったので、今日は、ハッスルしてたくさん作ってみました♪


〜〜まとめ〜〜

味噌汁のにぼしは、量が多すぎたり、煮出してはイケナイ。
食べる直前に、器に盛ってから、少量だけ、入れる。

  


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 03:02 | マイアミ ☔ | Comment(2) | アメリカで妊娠
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年09月25日

誤診で、「あなたは流産したのよ」と言われる

アメリカの病院って超、いい加減で許せない!!

そもそも、先週の木曜日に、ちょっと出血があって、金曜日に病院で、ダンナがそのことを説明するのに、医者のアシスタントみたいな人(いちおう、なかで一番、権力とキャリアのある看護師だとか?)が、それは、着床出血だと言って、全然話を聞いてくれなかったんです。

なので、ダンナに任せていてはラチがあかないと、私も出て行って、説明したのですが、もう、その人は、自分がこうだと思い込んだら、それを、ひたすら私に押し付けて、信じ込ませようとして、こっちのいうことなんて、耳を貸したくもないという感じでした。

でも、私が、あまりに引き下がろうとしないので、気休めの血液検査をされました。
「検査しても、おそらく、意味ないわよ」とか言われましたけど。

私は、ドクターに直接会って話がしたいと言っていたのですが、会わせてもらえず;;;
で、血液中の、何かの数字を調べるのに、おそらく金曜日ではまだ数が足りないだろうから、そのテストは日にちが経てばたってるほどいいから、もう一度、月曜日に来いと言われたのです。

日本なら、どんな出血だったか?とか、色は?とか、量は?とか、いろいろ聞かれて、必要なら、切迫流産を止める注射とか、打ってくれるんだろうに、それさえ聞きもしないで、一人で喋ってて、意見を私に押し付けるのですllllllllll

なので、私が、自ら、少量の血で、最初は赤で、それがだんだんオレンジになってピンクになって、今は、また止まっている。下着は全然汚れなかった、など、具体的に話しました。
どうせ聞いてないんだろうけど;;;

ちょっと頭に来ました。

そしたら、月曜の朝、いきなり、その女から電話があり、「あなたは流産したのよ。だからもう、今日は血液検査に来なくていい。」と言われたのです。

私は、ハア?????でした。

「血が出たって言ってたじゃない、あれが流産だったのよ。残念ね。金曜の血液検査では、赤ちゃんは、もう流れ出てしまってるわ。妊娠を示す数値が低いもの。」

で、私が、「えっ?でもそんな腹痛も、まだ大量出血もないんだけど、そしたら、これからドバーーッと血が出てくるってことですか?」と聞いたら、
「また生理が始まると思うわ」 だって!!

普通、流産したなら、子宮の中をきれいにする処置をしないと、中でまた、残ったものが腐ったりして大変なことになるじゃないですか!?

だから、「じゃあ、私は、そのオペを受けなきゃいけないんじゃないの?」
と言いましたが、「生理が始まるのよ。もうじき。気持ちは分かるわ。本当に、これは悲しいこと。あなたが、もし、カウンセリングが必要なら手配をするわ。」

と、また、返事になっていなくて、とにかく自分が言いたいことだけ、ガーーーッと言って、全然、こちらの話を聞かないのです。

私が、「確かに、血がでたけど、止まって、また土曜の夜から出たり止まったりしている」と言うと、「そうでしょう?そうでしょう?だから、もう、今回の妊娠は、良好じゃなかったから、継続できなかったのよ。気持ちは分かるわ、流産は残念ね。」の一点張りでした。

また、どんな出血で量とか色も聞かれることもなく、どうも、向こうは、勝手に、私が大量出血をしたと思っているのか、よく状況が分からず、この女と話していても、ラチがあかないので、ダンナに電話して、私は、あの女じゃなくて、ドクターと話がしたいんだ!!!と訴えました。

ダンナは、私が流産したと言われたというと、もうショックで、声がわなわな震えてきて、今にも床に崩れ落ちそうな様子でしたlll 
なので、私は流産したと思ってないから、落ち着いてくれ!心あたりもないんだ!とにかく、あのくそ女の言うことには、耳を傾けてはいけない!!地位があっても、全然関係ない!!こっちの話を全然聞き入れないんだから!!!
と、何回も言い聞かせました。

(しかし、こういうとき、本人である私の言うことより、病院側が言うことが正しいと、思いたくなるのが、人間の性です。
おかげで私の怒りは3倍、5倍に膨れ上がり、超、ヒステリックにわめき散らしてしまいました。)

そして、ダンナが病院にコンタクトを取ったら、またその女が出てきたそうで、その数値がないので、ドクターには会えないと言われたそうです。

私は、自分が流産したと聞いた瞬間は、ひどく驚きましたが、よく冷静に考えると、本当に、そんなに特に何も、ひどい腹痛とか、大出血とか、流産らしい身の覚えがないのです。
ありえない!!

そして、体のなかでは、変わらず妊娠が継続されていると、体の調子から、なんとなく本能的に感じることができていました。

ダンナが、また家でできる妊娠チェッカーのスティックを買って帰ってきて、調べてみると、やはり案の定、陽性反応。

でも、それを話そうと電話すると、またその女が出てきて、(その女がどうしても、最初にでてきて、難関なので、ドクターにもなかなかたどり着けないのですlllll)「それは、まだ、流産のあとに、妊娠ホルモンが残っているからだ」と言うし、、、

でも、「そんなに納得できないなら、再度、血液検査をしに来てもいい」とのことだったので、もちろん、即効で、血液検査に行きました。

そして、今日。。。
ドクターが電話をしてきて、数値は、20以上あれば妊娠とされるんだが、金曜は55で、月曜は250に増えていたから、妊娠は継続されていて、とても良いコンディションだとのこと☆

念のため、再血液検査の予約を取ってくれました。

(金曜日はね〜、3時間以上も、冷蔵庫みたいな寒い部屋で、冷たい椅子に座って、妊娠クラスで勉強したり、書類記入をしていて、とても凍えて、血液検査のときも、血管が、腕の深く内部に沈んで、出てこなくて苦労したのです。
それほど、寒かったから、おそらく、その数値も、一時的に下がっていたんではないでしょうか?まあ、ホルモンは、数値に関係ないかもしれないけど;; 
でも、どっちにしても、もう流産してしまってる、妊娠してない、と言い切れるほど、下がってないと思うのですが。。。)

それにしても、あの女、人の話もろくすっぽ聞かないで、”流産の宣告”をわざわざ電話でしてくるなんて、一体どうなってんでしょうか、アメリカの医療は。。。

妊娠初期の人に、思い上がりのデマカセ、しかも悪いニュースを押し付けて、余計なストレスと心配をかけるなんて!
あの女は、責任とって、クビになるべきだと思います。
少なくとも、医療現場で、患者に直接、携わるべきではないね!
患者は、いい思いをしないからさっ!


こないだ私達がベビーシッターしに行った眼のドクターも、医療現場に従事する者として、ちょっとあるまじきことだと驚き、憤慨しているようです。
その人がいろいろ調べてくれた結果、物を言う前に、最低2回は検査をしなければならなかったことも分かってきて、あの女は、誤診で口が悪いだけでなく、いろいろ、やるべき検査の過程さえも、すっぽ抜かそうとしていたことも判明したのです。

ほかの患者の危険性も考えて、ダンナが(その眼のドクターも一緒に)、文句の手紙をその看護師の上司と、医師連合会みたいなところに、送りつけることにしたようです。

私としても、むやみに、安易に、命に関わることの誤診をするような人を、野放しにしておいてほしくない。
私のほかにも、誤ったことを言われて、驚かされたり、最悪、その後、放置された赤ちゃんが、本当に死んでしまっても困る。
もうこれ以上、被害が出ないうちに、あの女の人は、引き下がるべきです。
あの人は、患者と直接話す業務に就くべきではない。

人のおなかの赤ちゃんを勝手に死んだことにするな、バーロー!!!!
絶対、あの人の判断は、オカシイと思います。
私が電話に出るなり、「あなたは流産したのよ」と、言い切りましたからねっ!

早とちりにも程がある。

それに、ちくいち、どの大事なシーンでも、あそこまで、人の話を聞かないってのも、どうかしてます。
本当、一瞬、よその誰か、他人と間違えて電話してきたのかと思うほどでしたから、、、、、

最終的に、頼りになるのは、やはり自分の体なので、自分の動物の勘と、野生本能だけだと、つくづく思ったのでした★

病院だからといって、安心して信じたり、全てを任せるのは、とても危険です。
日本でも、もちろん、医療ミスや、事故がありますが、本当に、怖いですね。
こんな大事な話を、取り違えて、患者に流産宣告するのは、本当に、許せない!!!


こんな状況のなかでも、私のお腹の赤ちゃんは、変わりなく、生きてるよ!のサインを送ってくれていたので、そっちに耳を傾けていて良かったと思います☆

出血も、真っ赤でビックリすることもありましたが、ほとんど、茶色やオレンジ、ピンクっぽかったし、インターネットでもいろいろ口コミの情報を調べ、そっちらの数々の意見のほうが、よほど、すごい参考になりました。

半信半疑で病院の言うことは変だな〜と思いながらも、穏やかに、安静をとることができました。
皆さんも、いくら相手が優秀で、社会的に地位があっても、うかうか信じないで、自分の目をしっかり開いて、必ず、本当なのか、間違いないのか、確かめたほうがいいと思います♪
そのためには、自分が勉強して、いろいろ知識をつけておくことが必要ですね☆


※ 後日談 → この看護師は処罰として病院をクビになり、どこかの事務職へ転職させられたそうです。


   


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 13:00 | マイアミ ☀ | Comment(10) | アメリカで妊娠
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年09月23日

4時間!地獄のベビーシッター;;(

ダンナと一緒に働いている、眼のドクターが、土曜の夜、どっかのお偉い達とディナーの集まりに行かなければならないということで、私達がお宅にお邪魔して、彼らの子供たち(1歳と3歳の女の子)の面倒を見ることになりました。

この夫婦は、すごい人達で、ダンナは医者、その奥さんは会計監査役という、とても優秀な遺伝子をお持ちのご家庭です☆

なので、まともな人たちだろうということで、ちょっと安心して出かけたのでしたが。。。

新築のお家には(といっても、じきに別の州に引っ越すので、そっちに、また別の土地と家を買われたそうです。)車が3台、ボートが1台、ハーレーも1台。
家具や絨毯は、高級っぽくしてありましたが、高級すぎるせいか、まだ二人とも20代後半なのに、家具の趣味が、50代のおじ様??のようになっちゃってました。
せっかくの家なのに、子供がいて、床中にゴミや安っぽいおもちゃが落ちて散乱しているせいで、ちょっとバランスがよく取れていませんでした;)

また、それらの家具はもちろん、鋭利な角や金具がいたるところ飛び出ていて、とても危なく、おもちゃも、すぐに目を突きそうな突起があったり、硬かったり、プラスチックや鉄製で角がたくさんあり、本当に、目を見張って子供達の動きを追わなければならず、子供達はメチャクチャなことをするので、面倒見るのに、余計注意を払わなければなりませんでした。

ぬいぐるみなど、やわらかいもの、鋭い角や突起がないおもちゃにすればいいのに〜、と思いました。

また、リビングにさえ、余計な、使用していないような家具が多すぎて、ソファの横の木のサイドテーブルもとても不安定でガタガタしており、ちょっと赤ちゃんが手をかけたら、そのまま赤ちゃんの上に倒れて、赤ちゃんも一緒に転んで、おお泣きをする始末。
(あのテーブル、あんなにグラグラしていたんでは、おそらく、これが初めてではないはず。。。)

また、赤ちゃんの手の届くところに、DVDケースや、いろんなゲーム機器、ゴミ、コードなどが散乱しているので、全部、赤ちゃんが手にして、開けたりとか、3歳のお姉ちゃんがそれを奪い取って泣かしてみたり。。。

お姉ちゃんが赤ちゃんの上にのさばって、圧迫してつぶしたり、椅子の下に赤ちゃんの足があるのに、そのまま椅子を動かして、赤ちゃんの足が椅子の下敷きになったままなのに、その上で跳ねてみたり!
足をバタバタ動かして、赤ちゃんの頭に足が当たってキックする形になって、お姉ちゃんはそれを喜んでみたり;;;;
姉妹間の動きも、とても危なっかしかったですlll

また、赤ちゃんがソファの背もたれの一番高いところに上ろうとして、私がそれを止めて抱き上げようと、追いかけたら、そのまま、私と赤ちゃんが、背もたれごと一緒に床に倒れそうになったり!!!!!
これが最も私の心臓が縮んだ瞬間でしたlll


幸い、ソファが床から持ち上がって倒れていると感じた瞬間、私がすかさず、ソファのもう一方の側(座るほう)を思い切り蹴ったら、またソファが床に戻って、何もなくて済みましたが、本当、これには一番ビックリしました。
だって、うちのソファは、そんなことじゃ倒れないからさ。。。

よその家の家具は慣れてないし、使い勝手も分からないし、重量感覚もないので、とても危ないと思い知りました。
危うく、大怪我をするか、赤ちゃんが死んでしまうところでしたlllll
そんな軽いソファなら、壁に背もたれをきっちりくっつけて、安易に倒れないようにしておくべきでしょう。


うちのダンナいわく、このドクターはいつも相当、育児に手こずっていて、ストレスがとても溜まっているらしいのですが、それは当たり前だと、超、納得しました。

(ちなみに、うちのダンナに、赤ちゃんが生まれたら、もう人生は終わりだと、日々囁いているのは、この人です。ダンナには、こんな要領の悪い、不平不満を持った人じゃなくて、『子供が生まれて本当に良かった☆人生がとても幸せだ☆グレイトだ★子供は素晴らしいよ〜』と言える、ハッピーな人と、会社でもつるんでもらいたいものです。)

でも、この家のいろんなやり方を見てると、そのストレスも、あまりにやりかたが悪いので、ちょっと自業自得な気がしました。
もっといろいろ、好都合なように変えれば、ずっと労力やストレスも減るだろうに。。。
大体、医者なら、その優秀な頭をちょっとひねれば、どうしたら、苦労が減るか、分かりそうなもんだけど。

「例えば、このゴミを全部、赤ちゃんの手の届かない、高いところに上げて、余計な家具を取っ払ったら、ストレスが10分の1になるよ」って教えてあげたら♪と、うちのダンナに話していたのでした。

奥さんが、会計監査役で、夜が遅く、ときには日付が変わっても帰れないのは分かりますが、こんなに子供も小さいんだし、ダンナも医者で悠々自適なんだろうから、ちょっと休んで、掃除とかすればいいのに〜と思いました。

猫もいて、そっちもあまり手入れする時間もないし、猫のトイレの砂なんかもそのままあって、家が汚いというのが印象でした。

子供部屋やリビングが2階なので、冷蔵庫やレンジが回りになく、とても不便でした。
何かが必要なたびに、何回も、階段を昇り降りしなければならず、そのたびに、私が消えたら、赤ちゃんが泣きだすし、とても疲れ果てて、精神的にも体力的にも、もうぐったりしました。


しかも、当初、夕方の5時半〜9時までということでしたが、二人が帰ってこなくて、9時半を過ぎてもまだ戻って来ず、子供たちも眠る気配もなく、起きているし、私もおなかが痛くなって横になりたかったのですが、それもできず、最後には、過労のせいで?妊娠初期だというのにまた変な血が出てきて、これまた、ひどく慌てましたlll

交換した赤ちゃんのオムツは3回、それも、どこにオムツがあるかとか、説明を受けてなかったので、私が家を探し回って、やっと探し出したのでしたlll

そして、上の子は、「トイレに行かなくていいの?」と30分に1回は聞いていたのに、行かないといっていて、ついにパンツの中におもらしをしてしまったので、知らないお宅を、これまた探し回って、新しいパンツとスカートを探して、履き替えさせたり;;;

その間、ベイビーのほうは、ずっとアテンションが欲しくてわんわん大泣きだしlll

上の子は、まだ3歳になったばかりにしては、とても頭が良く、もう大人の会話を全て理解して、自分でしゃべっていました。
小さいのに、時には眉間にシワを寄せたり、難しい表情をしてみたり、インテリっぽかったです!!

話すスピードも、大人並みに速く、つっかえたりどもったりもなく、普通、子供は、もっとノロノロ話したり、意味不明のことを言うものですが、ほとんどそれがなく、全てが大人と話しているような感じで、とても驚きました。
本当に、体だけ、小さい、人間というかんじ。

やっぱり、親が頭がいいと、子供もそうなるんだなあ〜〜☆と、ひどく感心したのでした。

でも、とてもわがままで生意気で、私に話しかけるとき、”Hey,”と言うし、(ヘイは、通常、馬に使うことばなので、人間に使うのは失礼なのです。)水が飲みたいというので、下まで降りて、水を汲んで持ってくると、「何、この水の味!変な味がする!」と文句を言うし。

「お腹が空いた」というので、あらかじめ、親から受け取っていたスナック菓子をあげると、「私は、このチーズ味のは好きじゃないの!!ピーナツバターのほうがいい」と文句を言うし。

ポップコーンを作ってやっても、食べさせるとき、赤ちゃんが寄ってきて、ポップコーンで遊ぼうとするので、「下のキッチンへ降りてから食べない?」というと、「No!!」と言って、知らん顔でTVを見続けているし!
おかげで、ベイビーのほうを別の部屋に隔離しなければならず、TVの部屋に居たかったベイビーは、始終泣き叫んでいました;;;


また、レゴ(LEGO)の積み木で遊ぶときも、ベイビーが邪魔して作品を壊しにくるので、上の子がヒステリーを起こしていましたが、そもそも、TVさえ見てれば満足な子なのに、うちのダンナが積み木に触ってるから、大人しくTVを見ていてのを中断して、レゴのほうへ行ってしまい、赤ちゃんもおねえちゃんについてそっちへ行ってしまい、上の子は、「ちっとも私が遊べないじゃないっ!!」かんしゃくを起こして、積み木を握って床に投げつけるわ、また赤ちゃんも泣き出すわで、メチャクチャになってきたので、私がダンナに「あなたが積み木で遊んでるから子供達の気が散ってるんだ!積み木はもう止めて、こっちに大人しく座ってTVを見ろっ!」と、注意をしたり。

また、彼女がアニメが見たくて、彼女が選んだDVDを渡されそれを再生すると、ケースと中身が違っていたらしく、「違う!違うやつをプレーしないで!一体何をしたの?なんでそんなの見せるの?そんなの見たくない!違う!違う!」と怒鳴るし。
あまりにしつこく私を責めるので、頭にきて、「あなたがこのDVDをくれたんでしょ?DVDケースと、中身が違っても、それは、私は知らないわよ」と言ってやりました。

この手の子供は、言葉もよく分かっているので、後で、全部親に報告するだろうから、うっかり何も注意もできないし、厄介です;(
下手に注意したり、言うことを聞かせようとしたら、あとで何をチクられるか、分かりませんからネ!

ダンナもソファに座っていたら、「そこは私のスポットだから、座らないで!」と言われてよそへ移動させられたらしいですが、自分達の子とか、親戚の子なら、あまり子供が調子に乗りすぎていたら、「ワガママ言わないの!!」とか「いい加減にしなさ!」とか、叱ったりすることもできますが、そうそう何も言うこともできず、ただ言いなりになって、ストレスだけ溜まったような気がします。

まだ、私の友達の子供なら、まだいろいろ言いたいことも言えるけど、単にダンナの同僚の子供で、私なんて初めてお目にかかっただけで、よく知らないから、ダンナの今後の会社での都合に響いてもナンだから、ストレートに物もいいづらいし、、、
初めて会う人たちだし、悩んだあげく、何も注意しない、叱らない、という選択肢を取りました。

でも、階段をバタバタ昇り降りしたり、重たい子供を抱えてウロウロしていたり、疲れとストレスのせいで、私自身が不明な出血が始まったのが、一番恐怖でした、、、、、

しかも、血の量が、前回木曜日に出たときより、断然多く、驚くと同時に、なんだか頭にきてしまいました。
そして、木曜日の出血のときは、1日で終わったのに、今回は、昨夜から、翌朝、翌昼になっても、まだ止まらず、動揺しまくりでしたlll

もし、このまま出血の量が増えて、ドバーッと大出血になったらどうしよう!?

まったく、ベビーシッターに行って、こっちが余計具合悪くなって、血まで出てきて、これで流産に終わったら、本末転倒もいいところ。笑い話にもなりません;(

その夫婦は、将来の子育ての練習になるよ、とか言ってて、ベビーシッターしたくなったらいつでもどうぞ来てくれ、と言っているようですが、もう、結構けだらけヨ!!
もう、二度とやらないわ〜 ><

今度は、私たちがドレスを着込んでディナーに行くから、あなたたちは、子供たちの面倒を見ててってカンジ、、、

やっぱり、よその子は、超、慎重に扱わなきゃだし、エクストラに気を遣わないといけないから、とても神経を遣うのです。

もともと、昨夜は、特に、具合が悪かったので、断りたかったのですが、引き受けたのが、なにせ、私の妊娠発覚前で、まだ元気なときだったので、仕方ありませんでした。

その夫婦もほかに頼める人がいなかったようだし、どうせ頼むなら、いつも一緒に仕事をしているうちのダンナと、その妻の私に頼むのが一番安心だと思ってくれたようですし;;;(

とてもカワイイ、愛くるしい子供たちでしたが、私が体調が良くなかったのと、慣れないよそのお家で、家具とかも違っていたし、いろいろ使いがっても違っていて、冷や冷やすることが多すぎて、難しかったです。
それでもよその家のものだし、よその家の方針で、何も私が変えられないし。

もう、約束の9時を過ぎてからは、ただただ、家に帰って横になりたくて仕方ありませんでした。
結局、私達が我が家に戻ってきたのは、夜の10時すぎ。

家に帰ってきたころは、もう私は、グルグルめまいがして、頭もズキズキ痛くなっていました。


出かける前にいちおう、早い夕食を済ませていましたが、ダンナがまたちょとお腹が空いてきたということで、さっきの残りをレンジで温め、私も食べようとしましたが、無理でした。

しばらくして、リンゴを食べて、それから、野菜だけたべて、私もダンナもベッドになだれこんで、眠り込んだのでした。

ダンナも、今朝は、8時まで大イビキで寝ていましたので、よほど、神経を使って疲れたのでしょう。。。

もし、あれが昼間で、私も妊娠してなくて体調も抜群なら、もっと違っていたのかもしれないですね。

あと、場所が向こうの家じゃなくて、使い勝手がよくわかってる、私達の家なら、もっといろいろやりやすかったんだと思います。


でも、私が哺乳瓶を持って2階に戻っていったとき、赤ちゃんが、喜びのあまり、「オオッ!」とヨタヨタこっちに駆けてきた、あのときの笑顔が、今も忘れられません。
よほどお腹が空いていたのね。。。


あと、あの赤ちゃんには、なんやかやでしょっちゅう泣かれて、さんざん、何回も抱っこしていたのですが、本当のママが戻ってきて、そっちに抱かれると、「あれ〜??この人、お母さんじゃなかったんだ?」みたいなキョトンとした顔で、当分、困惑した様子で、じーーーっと私を見入っていたのも、可愛かったです。

小さくて2等身くらいしかないけど、感情とか豊かな、もう立派な人格を持った人間なのですね☆
           


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 13:30 | マイアミ ☀ | Comment(4) | アメリカで妊娠
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年09月21日

ダンナとアメリカの妊娠クラスに参加する☆

今日は、病院でちょっとあった、妊娠クラスというのに行ってきました。
書類などに、病歴や、いろんなアンケートなど記入したり、3人の人から、3時間も、いろんな話を聞かされました。

最初の黒人のオジイサンが、まったり南部調に訛っていたうえ、まだ私はひとりで書類記入中だったこともあり、最初の3分くらいが、何を言ってたのか、記憶にありませんlll

また、書類記入が、極小の字で、何枚にもわたって、医学専門用語が多すぎて、ちょっと困りましたlll
今思えば、あれは確か、結核をやったことがあるかどうかの話だろう。

でも、その他のあの見たことないやつは、何だったんだろう???
いくつかの項目を、未記入にしたまま提出してしまったので、あとでドクターに直接言わなきゃっ。

日本とアメリカでは、言うことが違うので、どっちを取ろうか迷うことがあります。

たとえば、日本では大量に飲めとは言われない、ビタミン剤。
こちらでは、必ず飲むようにいわれます。

また、日本では、妊娠初期はじっとして、無理するなと言われますが、アメリカではむしろ、エクササイズをしろといわれます。

15kgまでのものなら持っていいから、ジムで、ダンベルやバーを使って鍛えてOKだって。
あと、ダンスもいいって;;;
ダンスは、でも程度が人によって全然違うだろーによって思いました。
例えば、プロ級の、超激しいエアロビクスダンスとかは絶対まずいと思うんだけど。

また、アメリカでは、食べたあとにすぐ横になってはいけないと言われます。
日本では、妊娠してなくても、食べたあとちょっと横になるのは、いいことでしょ?
私も、おなか一杯になった後は、ソファにデレーっと座ったり、横になるの、大好きなのにィ。

これは、アメリカ人で、もともと肥満の人を前提に話しているんでしょうか?


あ、そうそう♪
太りすぎの概念も違います。
アメリカでは、10kg〜16.5kgの体重増加こそが ”理想” とされています。
日本だったら、10kg以上太ると、太りすぎって言われるんだよね?
アメリカだったら、もし9kgとかしか太らなかったら、もっと太れって、怒られそうです。


とにかく、このビタミン剤は、本当に、将来、逆に、奇形とかが生まれてきそうなくらい、巨大 (2cm × 1cm × 0.8cm くらいあって、第一のどにつかえて、飲み込めない;;;) で、成分も相当強くて、飲むのがちょっと怖くてためらっています。
今日の話だと、半分に割って、朝晩にしていいそうだけど、う〜〜む、どうしよう。悩む。
私の場合、体の大きさからしても、2日で半個でいいような気もする。


また、今日行ったのは、そもそも、昨日の妊娠初期の出血について調べてもらうためだったのに、そっちのほうは、それは着床出血で問題ない、様子をみよう、と言われて、ただ血を採っただけで終わったので、ガッカリしました。
着床出血は、先週の金曜日、土曜日にすでにあったんだけどな;;;
2回も起こるのかしら?

でも、もう昨日で血は止まったし、別に問題ないのかな?

日本だったら、すぐに、内診したり、流産防止の注射を打ってくれたりするんだろうにな。。。

しかも、次の予約は、10/29だってさ!!!
遠〜い〜〜〜☆

アメリカって、産婦人科も雑なのかなあ;;(
ちょっと心配だけど、まあ、約1ヶ月後だから、そんなもんかな?


それにしても、さすが、アメリカは人口が多くて、中絶をしない国だけあって、妊娠クラスも、10人以上いてビックリ!
(未婚の母でもユキズリでも、何であれ、授かった命は、とにかく、ポコポコ産むのがアメリカの慣習で、日本みたいに深く考えたり、中絶はほとんどありません。以前、離婚する予定の人の子供でも産むといってる人がいて、びっくりしました。なら離婚しなきゃいいのに〜。)

よくまあ、こんな同じ妊娠時期の人が、これだけ集まったもんだよ。と思いました♪
やはり、半数くらいの人が、夫も同席していました。

そろそろ食の好みが変わりはじめていて、病人みたいな食事(卵スープとか)を好むようになって、驚いています。
大好きだったカニを茹でてレモンをかけたのとか、海老とか、ラー油をたっぷり使ったものとか、食べられないし、食べたくもない。

やっぱりちょっと熱っぽいせいかもしれません。
だけど、バターとか、何かすごくオイリーなものは食べたい!

今日は、これからほうれん草を買いに行こう!鉄分補給だ!


    


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 15:00 | マイアミ ☀ | Comment(2) | アメリカで妊娠
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年09月18日

ruff ruff ご懐妊の巻き☆

なんと、妊娠してしまいました。
さっき病院でも確認されました。

いちおう、ずっと子供ができたほうがいいかな、とは思ってはいたんですが、実際に、今、突然妊娠となると、全然違う!
本当、予定外というか、とまどうことがたくさんです☆

DSC02457-1.JPGダンナは、職場で、「お前の人生は終わった、あと9ヶ月の命だ、生まれたらその後は何もできないぞ」、などと言われたらしいですが、ちょっと、待ってよ!!
私なんて、もうすでに、数日前に、急に終わっちゃってるよ!?!?

もうすでに、体調悪いし、いろいろ体に変化が起こってんだからさ〜。
(ダンナは張り切って、すでにパパぶりを発揮中。。。)


先週の金曜日、土曜日に、生理になったような出血があったんですが、海にブギーボードで波乗りに行くことになっていて、どうしても行きたかったので、生理になったことはダンナには秘密にして、海ではしゃいでいました。

でもそのまますぐに生理が止まってそれきりになったので、変に思って調べると、妊娠チェッカーが、陽性になった。
箱に2本、検査薬が入っていて、両方使ったが、両方、陽性だった。。。
(2本線が出たら陽性で、妊娠ホルモンに反応する線は、もう1本の線より細くて色が薄いそう。紛らわしいな!)

それを機に、すべての予定(バケーションで、ちょっと連休を取ってニューヨークやフロリダに行ってみようよ♪とか、クリスマスの頃は高いけど、来年に私の実家に帰ってみたいなあ♪など)は、全部おじゃんになってしまったんだよぉぉ〜ん!

本当、最初は、何がなんだか、さっぱりよく理解できませんでした。汗)
でも、周りがおめでとうと言ってくれるので、そうなんだ〜☆みたいな感じ:)


ふうーー、すでにつわりの状況が起こっていて、疲れやすいし、本当に急だったと思います。

本当は、ふつうの人みたいに、安定期になるまで人に言わないっていうのに憧れていたんですが、なんせ、正直なもんで、隠し事ができず、もう、みんなに言いまくっちゃってます。
不安で動揺しているぶん、いろいろ慰めてもらったり、応援してもらって、そのほうが私も精神的に落ち着くし!!

今朝なんて、咳をしていたら、そのまま、ゲエエエーーーッ!!と自動的になって、ひどく驚きました。
幸い、起きたばかりで、胃が空っぽで、さてこれからコーヒーを一口すすろうかというところだったので、何も吐きませんでしたが、あんなに唐突に、いとも簡単に吐きモードになるのは、今後、ちょっとやばいと思います。
我慢してる時間もないくらい、どこでも、いつでも、吐いてしまいそうです;;;
PCのキーボードの上に吐かないようにしなきゃっ!

(私の場合は、腹が減ると気持ち悪くなるタイプ。なので、常に食べてなければならず、すでに、太りすぎの恐れが|||)

おなかがしょっちゅう痛いし!
なんか、おなかがひどく前に飛び出ると男の子で、横に広がっていると女の子というそうですが、子宮が今、ぐるぐる動いて成長しているから、腸とかが圧迫されておなかが痛いんだと思います。

女の子が欲しいんだけど、男の子のような気がして仕方ない。。。
なんとなく、おなかが前に出てきているような?ただの食べ過ぎ?

でも、健康で、幸せに育ってくれれば、どちらでもいいやぁ〜☆
だんだん落ちついてきたら、家族が増えるってのは、いいことで、また楽しみが増えた♪ と思えるようになってくるんでしょ。

特に、私は、このまま行くと、この土地、今、たまたまいる、アメリカはサウスカロライナ州で産むことになりそうなので、(ヒャー★ ベイビーは、”Birth Certificate 誕生証明” が、一生、サウスカロライナ州の発行のままになっちゃうんだ!なんという運命!)英語の産婦人科模様なんかもお伝えしようかな♪
体調次第だけど;

なので、急なお知らせでしたが、これまでお世話になりました皆様、今後とも、宜しくお願いいたします。
ありがとうございました!!!
   


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 14:30 | マイアミ ☀ | Comment(12) | アメリカで妊娠
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。