Add to Google My Yahoo!に追加

※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年10月27日

ひどい吐き気のなか、カヤックで憧れの川に挑む♪  

DSC02655-1.JPG(この記事は、11月の下旬、体調のいいときに、当時に遡ってアップしました。)

ダンナがどうしてももっと野生ワニが見たいということで、二人乗り用のカヤックをレンタルしてきました。
このカヤックで、近所のワイルドな、本物の川をくだって、ワニを探そうというのです。

私はひどいつわりがしていましたが、以前から、ボートでの本物の川下りには、とても興味があったので、いうことを聞かない体ではありますが、幸い、昨日も今日も吐いてはいなかったし、ダンナも大張り切りで、自宅の車の上にカヤックをくくり付けたことだし、この機を逃してはもったいないと、頑張って付いていきました。

DSC02664-1.JPGついにボートで憧れの川に浮かんだ瞬間は、とても感動的でした★

しかし、しばらくすると、巨大ワニなどが現れ始め、うわさでは、テリトリーを邪魔すると、ボートをひっくり返しにくるという話を聞いていたので、ちょっとすくみました。

ワニの体重は350kg、カヤックは、私とダンナの体重を加えても、200kgいかないでしょうから、簡単にひっくり返されてしまいますlll


DSC02663-1.JPGしかも、我々がカヤックで楽しく探索中、後ろから近づいてきたモーターボートのおっさんが、
「君ら、ここには大型ワニがうようよいて危険だってことはわかってるよな?!ワニを見かけたら、近づかないように!特に、今の時期のワニは、冬支度に備えて、できるだけたくさん食料を摂ろうとしているから、危険なんだ。」
と、わざわざ注意してきました。


すっかり怖くなってしまったダンナ。

また、エンジンボートを見てしまって、なんで自分はカヤックで手漕ぎなんだ!?これは不利、遅い。という考えが頭をよぎってしまったようです;(

私は、せっかく来たんだから、もっと、この川の終わりのほうまで行ってみたかったのですが、ボートを漕いでいるのはほとんどダンナ一人だし、腕も相当疲れてきたようで、小1時間で退散することになりました;(

残念でしたが、とても楽しかったです。

体調がよければ、もっともっと楽しめたと思います♪
                                                                                                                              


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年09月07日

すごいモノを発見!!

今、描いている油絵ですが(といっても今夜は久しぶりに描いています★)、元になる写真に、すごいモノを発見してしまいました|||

なんと、上の写真の右側の赤っぽい茂みのすぐ脇の水面に、鳥の一家のが浮かんでいます☆
親が2羽と、子供たちかな?
8羽くらいいるようです!!
泳ぎの練習をしていたのでしょうか?

DSC09358-2.JPGこの写真は、橋の上を車で通るとき、走りながら、パシャっと撮ったもの。
なので、あの鳥達が写真に写っているって、偶然にしてはすごいことだと思うんです☆

この橋からの景色は、私のすごく好きな眺めで、過去人生で5本の指に入る景色です。

DSC09358-3.JPG自然のままの形なのに、こんなに美しいなんて。。。
そして、ゴミひとつ落ちていない、水の流れ☆


ちなみに、上は、昨年の冬11月頃撮って、下は、今年の夏6月に撮りました。
(ズームの関係で、下のほうが視野が広くなっています。)


どちらも素晴らしい風景ですが、絵にするには、ちょっと寒々しい冬のほうを採用しようと、ド素人のたわごとではありますが、今頑張っているところ。
今日は、空を書き足し、川の流れもまたちょっと手をつけかかりましたが、もう眠くて zzz


乾くのを数日待っていたりすると、そのまま忘れて、画材を買ってくれたダンナに「描かないの?」と催促されたりします。

本当は、もっとバンバン描いて、次の次の絵にとりかかっているくらいが私でも理想なんだけど・・・。

DSC01889-2.JPGそれにしても、この冬の写真、今日のついさっきまで、あの白い点々が、鳥達だとは、気づかないできたのです。
ずっと、何かの岩の加減で白くなっているんだろうと思ってました。


あんなところに浮かんで、なんてカワイイんでしょう♪♪
本当、茂みにすり寄ってて、いつでも水から上がれる状態で、ヒナたちの練習っぽい!!!

前にも、ここサウスカロライナの別の池で、親鳥が2羽、ヒナのグループに泳ぎを指導しているのを、間近で見たことがあります。

それぞれが、ヒナたちをまとめ、誘導して泳ぐ様は、人間の教育風景のようでした。
そして、大人の2羽は、お互いに話をしているかのように、掛け声を掛け合って、安全を確かめながら進んでいました。
ほんの1〜2m泳いで渡るだけでも、慣れないヒナたちには大変なことなんですよね;)

(でも、あのときは、結局、そばでしゃがんで見ていた私は、親鳥たちに恐れられ、警戒されて、あの掛け声は、私が要注意人物だという警告音だったのだと思います|||)

ああ!私の絵にも、あの水鳥たちを、点々と浮かべなければいけません!
だんなは、前にみかけた美しい、シマシマのヘビを中に描いてくれと言っていますが、それはかけませんが、この鳥の群れは、絶対描こうと思いました☆
    


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年04月09日

クーパー川の水源 モールトリー湖 (Lake Moultrie)

DSC00037 (2)-1.JPGボートに乗れるときいて、土曜日に、モールトリー湖(Lake Moultrie)へ行ってきました。

ここは、なんと、あのいつもお世話になっている、クーパー川の源。
素晴らしく、巨大で、水が豊富な湖です☆

 場所を地図で確認
 ↓   ↓   ↓
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Lake+Moultrie&layer=&sll=33.309299,-80.065613&sspn=0.344878,0.31517&num=10&iwloc=addr&iwstate1=saveplace

 DSC00032 (2)-1.JPG
ところが、この週末は、なんと、カナダからの寒波で、真冬に逆戻り!!
凍えそうに寒かったです。
 
最低気温も、この日は、28F を記録。この4月の半ばに、最低気温が30Fを下回るのは、1944年以来だってニュースで言ってました。

4月に、30Fくらいまで下がったのは、1950年代にもあったようです。
0℃=32F なので、皆さん、ご察しくだされば、幸いです☆
 
DSC00024 (2)-1.JPGまあ、とにかく、風が吹き荒れ、波も大荒れ!
ここは、湖のはずなのに、日本海のように、ザブーン、ザブーン、、、

水もごらんのように、すっかり茶色ににごって、水が、陸まであふれかえって、浸水しています。
まるで、台風でも去った後みたい!!

あまりの寒さと、突風の強さに、ボートやカヌーをするはずが、それどころではなく、早く帰りたいばかりでした|||

その前の週末などは、とても暑くて日焼けしたくらいなので、テントを張ってキャンプされてた人たちもいて、気の毒でした;;;
 
DSC00006 (2)-1.JPG巨大なカモたちにまじって、さらに巨大な鳥を一羽発見。
 
ここでは、鳥が非常にパワフルで、土地を我が物顔で、自由に動き回り、仕切っています。
水溜りの水を飲もうとする猫を、空中から、鳥がアタックして、猫を追っ払ってしまうシーンさえ目撃しました。

猫より、全然小さい、小鳥なのに|||
でも、鳥にとっては、素晴らしい話ですね☆

 DSC00012 (2)-1.JPG
私も、鳥が可愛いと思って、近づいたら、なんと、ガーガー言いながら、口をパクパク開けたり閉めたりしながら、威嚇して、走って追いかけてきて、ちょっと逃げて振り返ったら、まだこっちに向かってきているところでした。 (最後の写真!)

鳥に、怒られたのは、人生初めてかもっ!
でも、そんな歯のない、平らなアヒルちゃんのお口で噛まれても、きっと痛くもナントモないんだよ〜〜ん♪
 
※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。