Add to Google My Yahoo!に追加

※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年05月21日

ダンナ2回目の口腔外科。親知らずを一気に 全部抜く。

金曜日、前回のトラブルをなんとか克服して、2回目の歯医者です。
http://southcarolina.seesaa.net/archives/20070418-1.html


ダンナは、血圧を下げるべく、塩分を控え、エクササイズに励むなど、努力をしてきました。
また、主治医に、歯医者に電話させ、普段の血圧はそんなにボーダーライン以下であることを証明してもらいました。
相変わらず、緊張と、手術前8時間の厳禁飲食のため、喉も渇ききって、当日の血圧は高めでしたが、執刀医が同じで、お互いにもうトラブルは嫌ということで、順調に歯は全部抜かれました。

しかし、4本いっぺんにってのは酷です。
私が日本でやったときは、片側2本ずつでしたので、手術しなかったほうで物を噛んだりできましたが、ダンナの場合は、完全にノックアウトです。
噛むところが、前歯か、舌と上あごですり潰すしか、方法がありません。

しかし、血がだらだら止まらなくて、私も、だんなが口の奥で止血用に噛んで押さえておけるガーゼを、で大量に買いに行ったりして、大変でした。

処方された薬は、痛み止め、抗生物質、それから腫れを小さくする、ステロイド。
初日は、食事どころではありませんでした。

手術後、数時間経過して、ストローで水類を飲むのがやっと、、、
2日目は、冷めた卵がゆをちょっとずつすすらせました。

そもそも口をそんなに開けられないので、ミルクに浸してやわらかくしたパンなどは、大きすぎて噛めません。
飲めばいいだけの、マッシュポテトや、はじめから粒子状の、超やわらかくしたお米が最適です。
ご飯と一緒に、ほうれん草などの野菜も小さく切って一緒に、3分粥程度の、ほとんどスープ状になるくらいまで、煮ました。
卵がゆなど作ったのは、学生時代、アパートの隣の部屋の女の子が病気になったときに、作って持って行ってあげた以来でした;
とても痛そうで、かわいそうでした;;;

手術後の腫れもすごかったです。
しだいにあごの周辺が腫れてきて、しまいには、ハムスターが、頬に食べ物を詰めているときのように、両あごがふくらみました。
太古の人間も、頬袋に食べ物を詰めて、非常時用に保管していたことを思い出し、それはちょっと可笑しかったです☆

今回は、ドクターは、「大丈夫か?」と電話をくれたり、なかなか良心的でした。
今日は、その後の経過を見せに、また病院へ行きました。
今日は私も部屋に入り、様子を伺っていましたが、歯を抜いた後の、大きな穴に、ごみや、古い血などが溜まっていて、それが顔の腫れを大きくしているということで、先生が指で歯茎を押し、それらを絞りだします。
ダンナは相当痛かったらしいですが、ドッと、大量に、また血やその他のジャンクが出てきて、すごかったです。
オエーーッとなるところでした;;

でも、面白いことに、それらが出た後は、すいすい、顔が縮小されていきました。
腫れた顔も、見慣れていて、本人が気にするほど、恥ずかしいものではなかったのですが、ずいぶんとあご周りが小さくなりました。

う〜ん♪ ハムスター顔もキュートで好きだったけど、やっぱり普通の顔のほうがいいかも:)
 
※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 17:14 | マイアミ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 (歯医者編)
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年04月18日

もし、アメリカの病院で、予約時間に遅れると。。。

DSC00053-1.JPGずばり、追い返されます。

患者は、早めに行って(診療時間の15分前が望ましい)、紙に記入事項などを書き終え、着替えなども、全部、万端に準備して、 診察を待ちます。

10分でも遅れると、言い訳は、通用しません。
次の患者の予約が押しているから、ということで、再予約させられます。
 
医者は、その浮いた時間を有効に自分に充てることができますが、直接患者に携わる受付などは、「なんで診てもらえないんだ?」と文句をいわれるわ、再スケジュールの組みなおしはしなきゃいけないわで、大変だと思います。
 
ところで、今日は、ダンナが親知らずを全部一気に抜く日でした。
 
場所は、サウスカロライナのとある大学の正面にある、おそらくここの医学部生がこれる、付属病院のような、クリニック。
 
ダンナは、今日に備えて、今週残りの日々を全部、会社も休みをとり、先週末は、芝刈りや家の周りに虫除けの薬をまき、ヨーグルトなど、やわらかい食べ物や、ストローまで買い揃え、体調不良にそなえていました。
 
で、今日も、医者に言われたとおり、昨夜12時すぎ以降は、水も飲まず、朝も、朝食もコーヒーも取らず、胃をからっぽにして、ずいぶん早めに行って、待っていました。
で、いざ、治療となり、ダンナは奥の部屋に消えていきました。

しばらくして、呼ばれたので、もう終わったのかと思ったら、看護士と医者が言いました。

「彼は今日は、血圧が高いから、危険だから手術できません。血圧を下げる薬を、点滴で注入して様子を見て、たった今、効果がでてきたところだが、血圧が下がるのを待っていたら、もう、遅くなったから、次の患者との約束もあるから、今日は帰って、出直してくれ」
 
みたら、ダンナは、点滴がささっていて、すでに、麻酔のモルヒネも体に注射された後で、ちょっと、もうろうとした状態。
 
たった20分、30分、手術開始が遅れたからといって、ここまで中途半端にして家に帰らせますかね、普通???
今、血圧が目の前で下がってきているのに。。。


しかも、ダンナは先週、血圧は、正常といわれたばかり。
昨夜から、一滴の水も飲んでないことや、ちょっと緊張してナーバスになっているのも、血圧に影響しているとも思われます。

また、モルヒネの前に、さらに、強烈な麻酔薬を含んだガスを吸ったので、それも影響していると思われます。
 
そんなに血圧が重要なら、モルヒネを打ったり、麻酔のガスを吸わせる前に、血圧を測れよってかんじ。測ったのに、その後、上がったの?
先週末からの、我々の努力は??
休みをすでに取った会社はどうしてくれるの?
来週からは、異動があり、忙しくなり、この先の仕事の展開も あるので、もうそう簡単休みは取れません。
ぜひ、こちらの都合上、今日してほしい。が、却下。
 
頭にきたダンナは、医者の怠慢だといい、家に帰って、バクバクたくさん食べていました;;
しかも、モルヒネが効いているのか、ちょっとラリッテルような変な言動もみられます。
 
私も、モルヒネを打った後で、そういうのはどうかなと思いました。
だって、また行ったら、そんな毒を、2倍も体に入れなきゃいけなくなる。。。
決して、しょっちゅう注入すべきではないものです。
 
それも、もう帰宅して、と言われたときは、手術ができる状態に回復していたのに、20分、30分ずれていて、次の患者の予定があるから、ということで、帰されるのは、ちょっとあまりに理不尽です。

待合室はガラガラで、次の患者も一人しかいませんでした。
この人も、厄介な口腔外科の手術が待ってるなら、付き添いが一緒にきているはずだけど、見当たらないし。

それで、あの医者は、今日これからどうするんでしょうか?

まさか悠々自適に、2時間のランチを楽しむのでしょうか?
それとも出張かどこかへ行くのに、早めに出られて嬉しい?
ほかに片付けなければならない、納期のせまった研究書類に打ち込める?
それは、よくわからない、謎に包まれたままですが。
 
ダンナは、モルヒネで運転もできないから、会社の上司に、歯医者と家の、送り迎えも依頼していました。
電話で早めに呼び出された上司も、すっかりあっけにとられて、みんな、不意打ちをくらったように、変な感じでした。。

今ごろダンナは、腫れた顔して、うんうんうなって、寝てるはずだったのに〜。
 


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 02:23 | マイアミ ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 病院 (歯医者編)
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年01月02日

今日から仕事始め☆歯医者に行く♪

ココアメリカは、お正月休暇というのは、通常なくて、あっさりとたいてい、仕事始めは1月2日です☆
 
元旦や、正月三が日などで、クリスマスの後に、街の雰囲気も一転して、今度はお正月モードになり、数日間連休が続いて、その間ずっとお正月を祝うのは、日本の独特の文化ですね。

そのかわり、アメリカではクリスマス休暇が長いけど。。。
ちなみにうちのダーリンは、年末年始の時期こそ、仕事が暇なんだと言って、有給稼ぐって、張り切って働いてます。
 
さて、昨年予約しておいた歯医者さんで、今日は歯のクリーニングです。
歯肉炎になりかかっているということで、歯茎をかなり傷められて、血がでてしまいました|||
だから、余計歯医者から足が遠ざかるんだってば、、、
 
 
〜〜〜☆ ご参考までにどうぞ☆ 〜〜〜
 
歯医者用語 info ;
 
tartar (ターター) = 歯石
gingivitis (ジンジャバイティス) = 歯肉炎
plaque (プラーク) = 歯垢
filling (フィリング) = 歯の詰め物 (小さい銀や金、もしくは、歯と同じ色の詰め物)
crown (クラウン) = 歯にかぶせるもの (歯の大きいかぶせもの、歯冠)
disease of the gums (ディズィーズ アブ ガムズ)= 歯周病
gum (ガム)= ハグキ、歯肉 


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 17:00 | マイアミ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 (歯医者編)
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。