Add to Google My Yahoo!に追加

※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年10月20日

2回目の Cypress Garden (サイプレスガーデン)

DSC02565-1.JPG(この記事は、11月の下旬、体調のいいときに、当時に遡ってアップしました。)

ダンナがワニを最後にもう一度見たいということで、つわりのひどい中、10月6日に、サイプレスガーデンにまた行ってみました。

1回目のときの記録はコチラから
http://southcarolina.seesaa.net/article/31437937.html
http://southcarolina.seesaa.net/article/31438311.html
http://southcarolina.seesaa.net/article/31438649.html


前回訪れたのは、1月でしたので、10ヶ月ぶりです★

DSC02597-1.JPGまた、ワイルドな湖(といってもここは湿地帯で沼のようなところ。スワンプ(Swamp)と呼ばれる池/湖です。)を、手漕ぎボートでめぐって、楽しみました♪

子ワニがたくさん産まれていて、大型ワニも数匹目撃されました。

葉っぱの大きさからもお分かりいただけるように、この子ワニは、形こそ立派なワニですが、今年の夏に産まれたばかりで、まだ15cmもない、極小サイズなんですよ〜☆
(写真2、3枚目)

子ワニは、しましま模様がハッキリしています。
大人になるほど、緑というか、灰色一色になるんですね。

こんなに目立つ柄だと、近隣の蛇ちゃんや、空の上のワシなどの大鳥にすぐ見つかって、食べられちゃいそうですケドねlll 
でも、逆だそうです。
動物界では、シマシマ模様は、ショッキングで怖いとか。

DSC02599-1.JPGワニは、卵からかえりたての赤ちゃんのとき、10cmほど。

生後1年で、50〜60cmほどに成長します。
その後、年をとるごとに肥大化していきます。

全長が、150〜200cmほどのワニは、4〜5歳といわれています。

またたまに、鹿や馬、人間を飲み込んで問題になる、超、巨大ワニ、400cm(体重350kg)を超えるようなワニは、生後50年ほどと言われています。

DSC02575-1.JPGワニの寿命は、最高で70年ほどとも言われていますから、気軽にペットにしたりするのは考え物です。
自由を尊重して、野生が一番でしょうね☆

そして、相変わらずの、水のなかにそびえ立つ、美しい、木々。
根グサリすることもなく、こうしていつも水の中に立っていて、沼の底のドロに根を張っているのです。
ここ独特の、景色ともいえます。

本当に、コレを見るたび、心が洗われるような感動を覚えます☆
この風景も、いつか油絵に描いて、いつも部屋に飾って見られるようにしたいと考えています。

DSC02578-1.JPGまた、お腹の黄色い、美しい大きな亀、イエローベリータートル☆
(写真4枚目)


本当に、ここは楽園のような土地です。
こういう場所なら、もし働いてもストレスがたまらなそうです!

DSC02950-1.JPG私達のペットのようだった、うちの近くの池に生息していた、ワニの花子にそっくりの置物があったので、購入しました。

もう1個、大きめの木でできたワニも、この近辺の13フィート(約4メートル)の巨大ワニのチャーリーの思い出に、購入。


アメリカンアリゲーター(ワニ)の、花子・チャーリーをご存知ない方は、下記URLをどうぞ♪

http://southcarolina.seesaa.net/category/3109145-1.html

http://southcarolina.seesaa.net/article/35230876.html

これで、日本へ帰っても、大好きなワニと一緒にいられます。

ワニの背後のペリカンは、夏に購入♪
野生ペリカンも、サウスカロライナの興味深い思い出です:)

                                                                                                                                                                                


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
posted by ruff ruff at 21:00 | マイアミ ☀ | Comment(0) | 魅惑の湖ボート Cypress Garden (サイプレスガーデン)
※ 写真はクリックすると拡大します☆

2007年01月07日

Cypress Gardens (サイプレスガーデン) V

DSC09935-1.JPG

Cypress Gardens (サイプレスガーデン)の中には、小さくて、薄暗い、水族館のようなものがあり、クーパー川の中にいるような魚たちを、集めて見せてくれます。
 
カワイイですね〜〜♪
中が暗すぎて、コレが精一杯の明るさなのですが、なんとか目を凝らして見ていただければ幸いです☆ 
 
1枚目は、鉄砲魚みたいですね☆
下に、超、小さい魚の群れがいます♪
 
DSC09940-1.JPG2枚目は、指を水槽につけると、たくさん寄ってきて、「ウワァ〜〜、この魚達、人に馴れている!!」と感動していたら、ダンナが、「ここにこの魚は何でも食べるって書いてあるよ。」だって;;;

ミーの指をエサにしようとしてたから、こんなに寄ってきてただけなのね|||
 
3枚目は、木の割れ目に入り込んで、何か、一生懸命、木の表面に付着したプランクトンか何かを食べている魚。
カワイイですね〜。

DSC09942-1.JPGクーパー川は、辺り一面が湿原なので、川や池の中に、このように倒れた木がたくさんあるわけです。
 
ボートを漕いでいたときも、何回も倒れて腐敗しかかった木に、ボートが引っかかって、前に進めないときがありました。


中学時代のボート教室の教えを思い出して、我ながら、よく漕げたと思いマス♪

人工の湖ではなく、野生の湖をボートで探索するのは、結構、スリリングでしたーーー。


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
※ 写真はクリックすると拡大します☆

Cypress Gardens (サイプレスガーデン)U

DSC09898-1.JPGここには、野生の生物をたくさん飼っているのですが、なかなか、みんな自由に動けるようになってて、すべてナチュラルを壊さない感じです。

トイレなんかも、ナチュラルそのもので、とてもキレイでした☆
 
ここでちょっと、生物のご紹介です♪
 DSC09905-1.JPG
温室の中では、サウスカロライナの花々が咲き乱れ、蝶が自由に飛んでいます♪

 
池には、なぜか、日本の鯉も。。。

カメも有名です。
 
サウスカロライナ独特の、大きなカメ。DSC09910-1.JPG
とってものろのろしていて、甲羅の横幅は、60cm以上はあります。

たての全長は、80cmくらいかな。 

顔幅も、目と目の間の距離が10cm以上は余裕であります。
なんだか、映画 『スターウォーズ』 のヨーダを思い出させます。。
レタスやパプリカなんか食べててカワイイ☆
 

この辺では、クーパー川一帯に、カモがたくさんいるのも特徴です。
 DSC09908-1.JPG
また、いかにも南国ってカンジの、色とりどりの、大きなくちばしを持った鳥、 Tucan (トゥーキャン)。

チョコボールの絵の鳥のモデルでしょうか!?
人なつこくって、寄ってくるのです☆
 
しかし、鳥ちゃんって視界が360度ぐるりなせいか、両目でコチラを見るより、片目だけで見るほうが、楽らしい♪DSC09920-1.JPG
 
キュートなお目目でしたよ〜☆ 
 
コチラは、アフリカ産のクロコダイル。。
 
クロコダイルも、巨大なものから、ぴんきりに種類がありますが、これは、成人でも全長150cmの小型でした。
 DSC09913-1.JPG
体だけ日光浴するのでは、物足りず、ああやって口まであけて、少しでも太陽が当たる面を多くして、ちょっとでも、熱を吸収して温まろうとしているわけです。
 
喉の渇きや、口が干からびるなどは、関係ないみたいです|||
 
やっぱり、哺乳類とは、体の構造が全然違うんですね〜〜☆


※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
※ 写真はクリックすると拡大します☆

Cypress Gardens の Swamp (湿地・湿原)T 野生のワニ目撃!!!

DSC09962-1.JPG

サウスカロライナの東側を流れる、重要な大きな川に、Cooper River (クーパー川)というのがあります。
 
この川のやや上流に、ガーデンと、水族館を兼ねた 『Cypress Gardens (サイプレス・ガーデン)』 というのがあって、この地域で見られる、さまざまな動物や、昆虫、植物を紹介しています。


蝶や、カモ、ワニ、亀、オウム、鯉などの魚類、です。。。 
入園料は、大人ひとり$10で、Swamp と呼ばれる湖での、個人ボート漕ぎも楽しめます♪ 
Swamp は、通常、湿原を意味しますが、ここの湿原は、見たこともないような、おとぎ話の湖のようでした。
 
DSC09961-1.JPG写真をご覧ください!!! 
しかも、そこで、 なんと野生のワニの赤ちゃんを見かけました。
この時期、冬眠していて、お目にかかれないと聞いていたワニですが、この日は暖かかったので、日向で体を温めていたようです。
ワニちゃん、お陽様が大好きなのですね♪


ワニだけでなく、手のひらより大きいくらいのサイズの、カメもたくさん出てきました。 
ダンナが発見して、大慌てで写真に撮ろうとしたのですが、なんと、その前にいろいろ撮り過ぎて、メモリ不足、、、
DSC09971-5.JPG慌てて過去の写真を削除していたら、今度は、まさかの電池切れっ!!!
哀れにも、レンズが出たまま、引っ込まない状況にまでなってしまいました。
 
慌てて、携帯のカメラで取り直したのですが、ズームがあまり利かない携帯なうえ、画素数が少ないのか、だいぶ写りが悪いです;;
仕方なく、また、黄色のマーカーで囲ってあります。


file.bin38-1.JPG水に浮かぶ倒れた木の上に、ワニが寝そべっています。
非常に平らで、うす黒いのがそれです:):)
なんとか、ご覧くだされ〜☆
 
このワニは、American Alligator (アメリカン・アリゲイター)と言われ、いわゆるアフリカ産の、クロコダイルとは違います。

サウスカロライナには、クロコダイルはいません。(クロコはフロリダのみ)
日本人は、ついつい全部混ぜちゃいますが;;;;

DSC09958-1.JPGアメリカン・アリゲーターは、基本的には人間を食べたいという欲望はなく、昆虫、亀、トカゲ、魚、鳥、小さい哺乳類などを好んで食べます。
が、たまに、棒などでつつこうとしたりして、刺激して怒らせた人間が、誤って池に落ち、噛まれたりする場合があります。
 
次回この湖畔に来るときは、最初から、ワニ撮影が目的できますので、事前にメモリや電池を使い果たすことはないと思いますんで、お楽しみに☆
※ 写真はクリックすると拡大します☆
このほかの記事は、右側の『カテゴリ』『カレンダー』などからご覧ください★
Blog応援クリックよろしくね★
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。