Add to Google My Yahoo!に追加

※ 写真はクリックすると拡大します☆

2008年02月09日

最後に見るワニ♪

DSC03940-1.JPGサウスカロライナでの週末も、今回を含めて、あと2回しかありませんlll

やはり最後にしておきたいことは、野生のワニに会うこと!
できれば、海や川を泳ぐイルカや、ラッコにも会いたい!

冬場は、冬眠していたり、動きがにぶくて、なかなか人前に姿を現さないワニ。
しかし、今日は、日差しが非常に強く、暖かかったので、ワニが、水から出てきて、日向ぼっこしているんではないか?という勘がありました。

DSC04026-1.JPG確実に見たかったので、まず、ダンナの会社の敷地内の、フェンスの池のなかにいる、チャーリーに会いに行きました。
すると、なんと、やっぱり、草の上で寝そべって昼ねをしていましたzzz

このワニは、もともと野生でしたが、30余年前、いつも道路にひろがって寝ていたので、他の池に移したんですが、ワニは犬と一緒で、元いた場所に戻ってくる性質があり、何回移動させても戻ってきては、道路をふさぐので、ついに、フェンスを作り、えさは、車に引かれたラクーンや、リスなどを与えるようになったそうです。
だから、食べすぎで、あんなに太っているのでしょう。
太りすぎです!!!

DSC04028-1.JPGキャー☆
とても嬉しかったです♪
これは、以前にもご紹介した、チャーリー。

http://southcarolina.seesaa.net/article/35230876.html

35歳くらいで、胴の幅は、うちのダンナの3〜5倍くらいあります。
足も、私のくらい、太い、、、
手なんて、私より全然でかいです@@
本当に、うちのダンナが軽く飲み込まれるほど、大きい。。。。。

DSC04036-1.JPGチャーリー!と呼びかけると、目が開きましたが、これがまた、パソコンのマウス並みの大きさで、、、、、
(でも、すぐまた昼寝にもどってしまい、写真では目を閉じてしまっていますzzz)

ああ、、、触りたかった!!!
やはり、ワニはいいですね☆

将来、生まれ変わったら、私もワニになりたいな☆ 
そしていつも寝ていたい☆
でも、空では無敵のイーグル、元気なイルカもいいな☆

DSC04047-1.JPGチャーリーの池から離れたところに、湖があるのですが、そこに、また去年見たのと同じワニと思われる、巨体が寝そべっていました。
(最後の写真の真ん中あたり、寝そべるグレーのものがワニです。)

このワニは、鹿でも食べてしまえるサイズですね、、、

ここの湖は、水深もだいぶ深いんですが、このワニが、一人で、占領しているようです:)
このワニは、フェンスに囲まれておらず、野生です。

※ サウスカロライナのワニは、基本的にはチャーリー以外は野生です。

その帰り、海辺に行くと、ちょっとカメラの電池切れで、写真は撮れませんでしたが、イルカが背中を出して、ジャンプしながら泳いでいるのを目撃することもできました:)
ラッコには会えませんでしたが、悠々とおよぐイルカちゃんを見納めできて、とても満足な午後になりました♪


                                                                                                                                                   
この記事へのコメント
熱川のバナナワニ園で見たワニたちとおなじだ〜!
じ〜っとしてて人形かと思っちゃった^^;

野生のワニがいるなんてすご〜い!
名前を呼ぶと目を開けるなんて、チャーリーは賢いワニだわん。

イルカも見られて良かったね〜♪
かわいい目がたまらない!

ほんとアメリカは大自然の宝庫なんだなあって
改めて思っちゃった^^
Posted by 千鶴 at 2008年02月14日 13:23
ちづるた〜ん♪

そうなのよ、そうなのよ。
だから、とっても名残惜しいワlll
ここを去るのは。。。。。 

熱川のバナナワニエンのこと、話で聞いたことあるけど、行ったことないんだわん☆
けど、あの辺の気候じゃ、ちょとワニには寒すぎそうかも ><
Posted by ruff ruff at 2008年02月15日 02:49
ロボコップ(車)を手放されて寂しい、何よりもチャーリーや花子ちゃん(ワニたち)とお別れすのるのが寂しいでしょう・・・
もうちょっと近いのでしたら、私が年に1〜2度でも様子見に行けましたのに残念です。
アメリカでも特に南部はどの地域よりも動物が多いですものね、日本人にはあまり馴染み(人気)の無い土地ですけれど。
カリフォルニアやハワイ等でしたらいつでも行かれる反面、南部はそうは行きませんので余計に離れるのが寂しいのでしょうね・・・
Posted by さっちゃん at 2008年02月15日 04:16
さっちゃんさん☆

本当に、ここの大自然との別れは、絶望的で、泣けてきてしまいます><
ちょっと新天地のほうをネットでみても、コンクリートのビルとか、見た目がおしゃれじゃない家々が並んでいて、ガックシきてしまいましたlll

こうなったらせめて、家のなかだけでも、なんとか快適に過ごせるように工夫しないとなあ〜〜。

SCは、飛行機などの便も悪いし、旅行にまる1日以上かかるうえ、時差もすごいあるし、なかなか来づらいですよね。
いつか、戻ってきたいと思っていますが、叶うかな☆
Posted by ruff ruff at 2008年02月15日 10:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。